伝統を守り、よりよい未来のため
道義国家再生を目指します。
私ども神道青年全国協議会(略称:神青協)は、全国津々浦々の神社に奉職する若手神職の集いです。
祖先から受け継いだ伝統を大切にまもりつつ、より良い未来を見据えて、
道義国家再生に向けて様々な活動を行っています。
伝統を守り、
よりよい未来のため
道義国家再生を
目指します。
私ども神道青年全国協議会(略称:神青協)は、全国津々浦々の神社に奉職する若手神職の集いです。
祖先から受け継いだ伝統を大切にまもりつつ、より良い未来を見据えて、
道義国家再生に向けて様々な活動を行っています。
知っておきたい基礎知識
知っておきたい基礎知識
皆さんの住んでいる町にも氏神さま、あるいは鎮守さまと呼ばれる神社があると思います。でも意外と知らないことも多いのではないでしょうか?ここでは「年中行事」や「おはらいの受け方」など神社まつわる基礎知識をいくつかご紹介いたします。


皆さんの住んでいる町にも氏神さま、あるいは鎮守さまと呼ばれる神社があると思います。でも意外と知らないことも多いのではないでしょうか?ここでは「年中行事」や「おはらいの受け方」など神社まつわる豆知識をいくつかご紹介いたします。
玉串の作法
Youtubeで視聴する
参拝の作法
Youtubeで視聴する
手水の作法
Youtubeで視聴する
玉串の作法
Youtubeで視聴する
参拝の作法
Youtubeで視聴する
手水の作法
Youtubeで視聴する


最近の活動報告

平成31年4月18日
第71回定例総会・全国会長会明治神宮正式参拝

平成31年4月18日神社本庁大講堂に於いて、「神道青年全国協議会 第71回定例総会」を開催致しました。
総会では佐野巌会長挨拶の後、定例表彰式、感謝状贈呈式、平成30年7月豪雨 支援金贈呈式が行われ、続いて議案が審議されました。
また本年は役員改選期にあたり、金田祐季新会長並びに新役員が発足致しました。
定例総会終了後、全国単位会会長・地区会長と共に明治神宮正式参拝を行い、時代の大転換期の中今に立つ全国の青年神職が大同団結し、邁進していく決意を祈念致しました。


 
平成31年4月18日
第71回定例総会・全国会長会明治神宮正式参拝

平成31年4月18日神社本庁大講堂に於いて、「神道青年全国協議会 第71回定例総会」を開催致しました。
総会では佐野巌会長挨拶の後、定例表彰式、感謝状贈呈式、平成30年7月豪雨 支援金贈呈式が行われ、続いて議案が審議されました。
また本年は役員改選期にあたり、金田祐季新会長並びに新役員が発足致しました。
定例総会終了後、全国単位会会長・地区会長と共に明治神宮正式参拝を行い、時代の大転換期の中今に立つ全国の青年神職が大同団結し、邁進していく決意を祈念致しました。



平成31年4月17日
神道青年全国協議会 創立70周年記念大会

平成31年4月17日「明治記念館」に於いて創立70周年記念大会が開催されました。
主題を「祈りと行動」とし、総勢約400名の方々にご出席賜りました。

・ 物故者慰霊祭
・ 記念講演
   講師 千 宗室 先生
   演題「心を耕す」
・ 記念式典
・ 記念祝賀会
本会は皇室国家の護持と神道興隆の精神を受け継ぎ、民族精神の回復、道義国家の再興を目標に、青年神職の信念と決意を結集して創立されました。
創立より70年の月日が流れましたが、その都度様々な問題に対して諸活動を展開して参りました。
しかしながら、時代の変化が早い今日に於いては目先の事業を遂行することのみに囚われ、神職として本来核となる祈りを見失うことのないよう、その先にある確かな行動を実行していかなければなりません。
次の世代の為に我々青年神職が、今、何を成すべきかを考えるとき先輩諸兄が紡いできた70年の歴史を伝統ととらえ、指針とし、若き情熱をもって革新する勇気を持ち続けることを改めて固く誓う記念大会となりました。



 
平成31年4月17日
神道青年全国協議会 創立70周年記念大会

平成31年4月17日「明治記念館」に於いて創立70周年記念大会が開催されました。
主題を「祈りと行動」とし、総勢約400名の方々にご出席賜りました。

・ 物故者慰霊祭
・ 記念講演
   講師 千 宗室 先生
   演題「心を耕す」
・ 記念式典
・ 記念祝賀会
本会は皇室国家の護持と神道興隆の精神を受け継ぎ、民族精神の回復、道義国家の再興を目標に、青年神職の信念と決意を結集して創立されました。
創立より70年の月日が流れましたが、その都度様々な問題に対して諸活動を展開して参りました。
しかしながら、時代の変化が早い今日に於いては目先の事業を遂行することのみに囚われ、神職として本来核となる祈りを見失うことのないよう、その先にある確かな行動を実行していかなければなりません。
次の世代の為に我々青年神職が、今、何を成すべきかを考えるとき先輩諸兄が紡いできた70年の歴史を伝統ととらえ、指針とし、若き情熱をもって革新する勇気を持ち続けることを改めて固く誓う記念大会となりました。


祝祭日には国旗を掲げましょう 祝祭日には国旗を掲げましょう
ページの上部に移動します

メニュー