神宮大麻がご家庭に届くまで



神宮大麻じんぐうたいま 」は、天照大御神あまてらすおおみかみをおまつりする「伊勢の神宮」のお神札ふだで、皇室と日本の安寧あんねいの祈りが込められています。

大麻たいまとは古来より神様への捧げ物やお祓いの際に用いられる〝大麻おおぬさ〟(麻、木綿)を指しております。このことから、厳重なお祓いを経て授けられるお神札を「大麻たいま 」と呼ぶようになりました。

また、私たちが住む地域の神社「氏神※うじがみさま」には地域・家庭の平穏への祈りが込められた「氏神さまのお神札」があります。

安寧・平穏の祈りが込められたお神札をおまつりすることは、暮らしと命を大切に思う〝こころ〟の表れと言えます。

「神宮大麻」と「氏神さまのお神札」をおまつりし心健やかな日々を送りましょう。

氏神※うじがみ・・・祖先に縁深い地域をお守りくださる土地神さま。


奉製に関するお祭り

大麻暦奉製始祭たいまれきほうせいはじめさい(一月上旬)

奉製作業を開始することを大御神に奉告し、その年の最初の神宮大麻に神璽※しんじを押捺します。

奉製を行う神宮職員(大麻奉製員)は毎朝潔斎けっさいをして身を清め、神宮遙拝ようはいの後、丁重に作業にあたります。
※神璽・・・神宮(神さま)のおしるし

大麻用材伐始祭たいまようざいきりはじめさい(四月中旬)

神宮大麻の御用材を伐り始めるにあたり、作業の安全を祈願します。
御用材には皇大神宮(内宮)の南方に位置する神路山かみじやまの木々が用いられます。
大麻暦奉製終了祭 たいまれきほうせいしゅうりょうさい(十二月下旬)

今年一年の奉製が終了したことを大御神に奉告します。

大麻修祓式 たいましゅはつしき(随時)

清浄を期して奉製された神宮大麻はお祓いされ、頒布始祭まで神宮で奉安されます。
※完成した神宮大麻には白い薄紙が巻かれ、皆様のお手元に届くまでけがれなきよう、清浄が保たれます。
頒布はんぷ ・・・広く配ること
頒布に関するお祭り

神宮大麻暦頒布始祭じんぐうたいまれきはんぷはじめさい
(九月十七日)

今年の頒布を始めることを大御神に奉告し、奉製された神宮大麻が神宮大宮司より神社本庁の統理(代表)へと授与されます。



その後各都道府県神社庁へ届けられ、頒布始奉告祭が執り行われます。

神宮大麻暦頒布終了祭じんぐうたいまれきはんぷしゅうりょうさい (三月五日)

神社本庁統理以下、各都道府県神社庁代表者が参列のもと、つつが なく頒布を終えたことを大御神に奉告します。


ご家庭への頒布

(十月~十二月)

神職、氏子関係者の手によって各ご家庭へ頒布されます。
現在の全国各地への頒布は、明治天皇の思召おぼしめしにより明治五年から始まりました。神宮大麻は各神社においても授与しています。

拝礼作法
ご神前に進んだら姿勢を正し、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

  1. まず二回、深く頭を下げます。(その深さは腰を九十度に折る程度が美しいといわれています。)
  2. 胸の前で両手をあわせ、右手を少し下にずらして二回手を打ちます。二拍手のあと、両手の指先をもとのとおり揃え、手を下ろします。
  3. 最後にもう一度、深く頭を下げます。

ご神前では「感謝の心」、「おかげさまの心」を捧げてお参りしましょう。


お供えの仕方
お米・お塩・お水を
お供えする例

お米・お酒・お塩・
お水をお供えする例




神宮大麻がご家庭に届くまで啓発チラシ

本データの著作権は神道青年全国協議会に帰属します。
二次加工については、固くお断りします。



知っておきたい基礎知識 知っておきたい基礎知識
祝祭日には国旗を掲げましょう 祝祭日には国旗を掲げましょう
ページの上部に移動します

メニュー